医療法人 医王寺会医療法人 医王寺会

医療コラム

医療コラム

  • TOP>
  • 嘔吐とは

2021/09/27内科・小児科

嘔吐とは

▼嘔吐症状とは

嘔吐は、何らかの原因で胃が収縮し、胃の内容物が押し上げられて口から噴出する症状です。嘔吐すると胃が空になり、吐き気が治まることもありますが、ひどい場合はそのような状態でもえずきが続くこともあります。

▼原因

嘔吐は、消化管の何らかの異常から発生することが多く、特に頻度として高いものは胃腸炎に伴うものです。他には腸閉塞や胆管・膵臓の炎症など、多様な原因から起こります。

▼その他の原因

嘔吐の原因で、頻度が低い(胃腸炎に比べて)病気として脳出血や脳炎等の頭の病気や怪我、めまい、精神的な要因が指摘されます。
また妊娠初期のつわりのように、体内の代謝が変化した場合にも起こることがあります。

▼注意が必要な症状

重症化した時や怖い病気が疑われる場合には、以下の症状が出現し注意が必要です。
①脱水(のどの渇き、口の乾燥、尿が少量かまったく出ない、筋力低下や疲労感など)
②強い頭痛、錯乱などの意識の異常
③持続する腹痛
④腹部に触れたときに痛い
⑤腹部が腫れている

▼治療について

基本的には、口から水分が摂れそうであれば、経口補水液(OS-1等)の摂取をお勧めします。
脱水が著しい場合や嘔吐が止まらない場合、および水分が摂れそうにない場合は、医師の判断にて点滴を行われることがあります。

MENU