医療法人 医王寺会医療法人 医王寺会

医療コラム

医療コラム

  • TOP>
  • 腹痛とは

2021/09/27内科・小児科婦人科

腹痛とは

▼腹痛とは

「お腹が痛い」という症状のことです。
お腹のどの部位が痛いのか、強さ、痛み方(鈍い痛み・さしこみ痛など)、突然に痛みだしたのか徐々になのか、下痢や吐き気を伴っているか等によって原因を特定します。腹痛の原因は胃や腸といった消化器系由来のもだけでなく、心臓・血管などの循環器系疾患、腎臓・膀胱などの泌尿器系疾患、子宮などが原因となる婦人科系疾患などが起因するものもあります。

▼腹痛の種類

腹痛はとても多くの病気で起こります。
胃腸の調子が悪くて起こる場合に多いのは、「痛みが良くなったり悪くなったりする」「下痢や嘔吐症状を伴う」というものです。こういった症状であれば、それほど怖くないことが多いです。
怖いのは、心臓からくる上腹部の痛みや、精巣・卵巣等の臓器から来る泌尿器科・婦人科等の痛みです。こういったものは、場合によっては早急な治療が必要になります。「耐えきれないほどの激痛」「お腹というよりも旨や下腹部がずっと痛い」という症状があった場合には、早めの受診をお勧めします。

▼検査について

当院では、一般的な診察の他に、必要に応じ超音波検査・採血検査を行っております。

▼治療について

当院では、腹痛の原因がわかる場合は、その症状に応じた内服薬や、必要に応じて点滴による治療を行っております。
場合によっては、より詳細な検査が必要になることがあり、その場合は総合病院へ紹介させていただくこともあります。
腹痛の原因がわからない場合は、不用意に痛みを止めてしまうとかえって怖い病気がわからなくなることがあるため、内服薬等処方されない場合もあります。

MENU