医療法人 医王寺会医療法人 医王寺会

医療コラム

医療コラム

  • TOP>
  • 蜂(ハチ)刺されについて

2021/05/30外科

蜂(ハチ)刺されについて

蜂(ハチ)刺されについて

蜂刺され ・刺すハチには、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチなどがいます。 特に攻撃性が高いのはアシナガバチやスズメバチで、庭木の手入れや農作業、林業、ハイキングなどの際に刺されることが多く、特に秋の野外活動での被害が多いため注意が必要です

症状について

刺された部位に激しい痛みが出現し、赤く腫れます。 この症状は、ハチ毒の刺激によるもので、初めて刺されたときは比較的軽症で治まります。悪化しなければ1日以内に腫れはひいてくることが多いです。 しかし、2回目以降刺された場合は、ハチ毒に対するアレルギー反応が加わるため、刺された直後から蕁麻疹がでたり、刺されて1~2日で発赤、腫れ(腫脹)が出現することがあります。

リスクについて

個人差はありますが、ひどい場合は刺されて30分~1時間で意識消失や血圧低下などを生じて、死に至ることケースもあります。 これはアナフィラキシーショックと呼ばれる症状で、非常に重篤な症状のため一分でも早い治療が必要になります。

治療方法

 刺された場合は、安全な場所で静かに横になって局所を冷やしてください。呼吸苦や激しい嘔吐などの症状が認められた場合は直ちに救急車を呼ぶ必要があります。 特に全身症状もなく、元気な様子であれば心配いりませんが、あとで腫れてくることもあります。その際には皮膚科を受診してください。

※ハチに刺されてショック症状を起こす可能性のある方には、緊急時に使用する「エピペン」という注射薬を携帯しておく方法があります。エピペンは講習を受けた医師でなければ処方ができないため、一度かかりつけ医にご相談いただくと良いでしょう。

MENU